CRぱちんこアバンギャルド攻略法2 − 勝つための明確な台選び

スポンサードリンク
大当たりを次々と呼び込むため、そして勝つためには何にも増してデジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすい台選びをするのが当たり前のこと。ところが、何を以って”球が入りやすい”と言えるのかという”明確な基準”で台選びをしている人は、案外少ないんですね。

もちろん、その”明確な基準”が何かを「知っている」という人は多いと思いますが、実際には感覚のみで台選びをしている人が多いのも事実。それでも負けないようであれば大丈夫ですが、そうでないなら、次からは”ボーダーライン”で台選びをするようにしてください。

ボーダーラインは、1000円あたりの投資額に対して何回デジタル画面が回れば良いのかを換金率ごとに算出した言わば損益分岐点で、勝つための台選びの明確な基準として唯一と言っても良いもの。CRぱちんこアバンギャルドでは以下のようになっています。

換金率:2.5円 → 回転数:22回
換金率:3.0円 → 回転数:20回
換金率:3.5円 → 回転数:19回
換金率:4.0円 → 回転数:17回

また確率として低くはなりますが、確実な勝ちにもっていくためには、これらの回数+3〜+5となるような台を見つけることもポイント。逆に、ボーダーを下回るような台しか置いてないようなホールは、行きつけのホールであっても早々に見切りをつけるべきと言えます。

CRぱちんこアバンギャルド攻略法1 − スペックの把握と攻略想定

スポンサードリンク
攻略を始める前に、そのベースとして把握しておかなければならない重要な基本情報。それがスペックです。その機種が基本的にどういった特性になっているのかを明確に押えておかないと、実はどんな攻略法を用いても効果的に活かすことができません。

ですから、賞球数は?、高確率時、低確率時の大当たり確率は?、確変突入率は?、時短の回数は?といったことを、どんな情報にも優先してしっかりと把握するようにしてください。CRぱちんこアバンギャルドのスペックは、以下のようになっています。

【CRぱちんこアバンギャルドM4 スペック】

賞球数:3&10&14
大当たり確率:低確率時1/314.75 高確率時1/31.48
確変突入率:65%
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:8カウント
時短:全ての大当たり終了後100回

このスペックを見て言えることのひとつに、大当たり確率や確変突入率が比較的高い、つまり甘めの設定であるということがありますが、例えばそういったことがわかるだけでも、実際に打つ前に、当たりの度合いに対する自分なりの想定をすることができますよね。

想定をすることなく打ってしまうと、見切りのタイミングを失って投資を全くの無駄にしてしまいかねないので、事前にできるだけ綿密に想定することがポイントです。そして想定ができたら、次は実際のホールで可能な限り高効率な台選びをすることが重要となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。